HOME /セミナー開催告知 /【開催告知】『スタートアップの強みを生かす CVCファンドによる新規事業の立ち上げ方』

開催日時:2023年03月15日(水)14:00~17:00

【開催告知】『スタートアップの強みを生かす CVCファンドによる新規事業の立ち上げ方』

2023年3月15日、14:00~17:00に、
社長の冨田賢が、
『スタートアップの強みを生かす
 CVCファンドによる新規事業の立ち上げ方』
と題して、
ニューオータニの紀尾井フォーラムにて、
講演いたします。

新社会システム総合研究所さん主催の
経営・マーケティング戦略特別セミナー
として…。


▼詳細や申込は、下記から…。

https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?spage=special_23131


※上記サイトからお申し込みいただくと、
■ ご優待特別価格 ■ 1名につき 27,500円(税込)となります。
【通常価格】1名につき 33,100円(税込)

▼パンフレットは、下記です。
20230315SSK_CVC_seminar

皆さま、是非、ご参加ください!

================================

会場受講/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

スタートアップの強みを生かす
CVCファンドによる新規事業の立ち上げ方

〜単なる提携だけではないアライアンス関係をどのように築くか〜

No.
S23131(special)
会 場
紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート1F
開催日
2023年 3月15日(水) 14:00~17:00
詳しく見る
受講料
■ ご優待特別価格 ■ 1名につき 27,500円(税込)
【通常価格】1名につき 33,100円(税込)
備 考
事前に、セミナー講師へのご期待、ご要望、ご質問をお受けしております。
可能な限り講義に盛り込んでいただきますので
お申込フォームの質問欄を是非ご活用ください。


■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを開催前日までに
   お送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3〜5営業日後を目安にVimeoにて配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画は公開日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。

※会場又はライブ配信受講者様で、アーカイブ配信もご希望の場合は
 追加料金11,000円(税込)で承ります。
 ご希望の場合は備考欄に「
アーカイブ配信追加受講希望」と記入ください。

会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。

申込フォーム
パンフレットよくあるご質問

3月15日(水)

スタートアップの強みを生かす
CVCファンドによる新規事業の立ち上げ方

CVC JAPAN株式会社 代表取締役社長
博士(政策・メディア)
冨田 賢(とみた さとし) 氏

14:00~17:00

昨今、新規事業立ち上げや既存事業の拡大のために、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)での投資活動を行う企業が増えています。CVC投資によって、新しい技術やビジネスモデルを開発したスタートアップとの関係を構築していくことによって、新しい事業構築をしたり、事業シナジーを得たりするわけです。スタートアップは、ゼロイチ(0→1)を生み出すのが得意です。そういった企業と継続的な深いコミュニケーションを取っていくためには、単なる提携だけの模索でなく、資本も絡めた関係作りが大切です。
当セミナーは、まだCVCの取り組みをスタートしていないが、今後、CVCを始めようと考えておられる大手企業及び中堅企業の皆様に、CVCとはどのようなものか、CVCファンドはどのように設立すればよいのか、どのように運営していくかをご理解いただくための講座です。特に、外部VCとの共同でのプライベートファンド(二人組合)の形でのCVCファンド設立・運営について、解説します。また、CVCファンド運営においては、投資先スタートアップといかにアライアンスを進めていくかがポイントとなります。そのことにも、力点をおいて、解説します。
講師は、『アライアンス思考〜CVCによるスタートアップとの提携』や『新規事業のためのCVC活用の教科書』の著者です。CVC投資によって、スタートアップと連携したい企業の皆様は、是非、ご参加ください!

1.継続した新規事業立ち上げとオープン・イノベーション
2.CVCを設立することのメリットとその流れ
3.CVCの4つの設立形態と外部VCとの共同によるファンド設立
4.どのようなスタートアップに投資するか?
5.投資の審査と投資先企業のフォローアップ
6.投資先企業とのアライアンスによる新規事業創造
7.質疑応答/名刺交換

【ご参加いただきたい方々】
◆CVCの活動をまだ始めていないが、CVCを始めたいと検討している方
◆社内だけでは、新規事業のアイディアや新技術が生み出せず、外部からの獲得が必要な方
◆内部留保資金を何か前向きに、新規事業などに使っていけないかと考えている方

冨田 賢(とみた さとし) 氏
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科・後期博士課程修了、アライアンス研究にて博士号(Ph.D.)取得。
京都大学大学院経済学研究科修了、経済学修士。
新規事業立ち上げ、アライアンス、営業支援、M&Aに関する経営コンサルティング会社を東京・青山にて、約15年経営し、200社以上の実績。
東証プライム上場企業のCVCファンドを複数、受託運用し、日本内外のスタートアップに投資。
著書として、『アライアンス思考』、『新規事業立ち上げの教科書』、『IoT時代のアライアンス戦略』、『新規事業のためのCVC活用の教科書』など。日経BP社『日経ビジネス』主催セミナー等での講演多数。
また、2回のアワード受賞も含め国際学会での学会発表や国際ジャーナルへの論文投稿・掲載も実施。
かつて独立系VCの立ち上げに参画し、自社VCや投資先ベンチャー数社の株式上場(IPO)を達成した経験も有する。2017年度〜2019年度、立教大学ビジネススクール(MBA)・教授(特任)として、アライアンス論、ベンチャー企業論、ベンチャー金融論、ゼミ等を担当。
元・カリフォルニア大学サンディエゴ校・客員研究員。
申込フォーム

冨田 賢

Satoshi Tomita, Ph.D.

CVC JAPAN株式会社 
代表取締役社長

プロフィールを見る