CVC JAPAN株式会社

開催日時
カレンダー2020年01月29日(水)
クロック14:00〜17:00

セミナー開催告知

【開催告知】日経BP社『日経ビジネス』主催『逆転発想!よくわかる新規事業の立ち上げ方 ~制限を設けてから発想法やリサーチ手法を用いる実践方法』(@神田)

社長の冨田賢が、日経BP社『日経ビジネス』主催セミナーで、

『逆転発想!よくわかる新規事業の立ち上げ方 ~制限を設けてから発想法やリサーチ手法を用いる実践方法』

と題して、3時間、講演いたします。

 

詳細とお申込みは、こちら▼

https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/nb/200129/

 

冨田は、年に数回、『日経ビジネス』主催のセミナーで、講演しております。

これまでの開催報告は、こちら! TCコンサルティング時代のものは、こちら!

 

これまで、年数回の『日経ビジネス』さんでの講演は、私の2014年に出した『新規事業立ち上げの教科書』の内容や

2017年に出した『IoT時代のアライアンス戦略』の内容、そして、CVCなどを中心にお話していましたが、

今回から、新しいコンテンツとなります。

 

お申し込みはこちらから

講座趣旨

新規事業立ち上げを検討するにあたって用いられる発想法やリサーチの分析手法には、多くの手法があり、現状、様々なものが用いられています。

しかし、一般的な新規事業の書籍などでは、この発想法が一番、この分析手法を用いればよい、といった内容が多く、実際に実行しようとするときに、範囲が広すぎて行き詰まることが多いのが実情です。発想法や分析方法は、現実的には、どの方法が適しているかは、各社の状況や新規事業の方向性次第です。

当セミナーでは、まず、自社の目標やリソース、事業ドメイン、事業種別などから制限を設け、範囲を絞ってから、その範囲にあった、発想法やリサーチ方法を実行し、可能性を明確にし、ビジネスとして成立する新規事業の立ち上げ方を解説します。つまり、フレームワーク至上ではなく、自社の現状からの“逆転の発想”での新規事業立ち上げとなります。

実際の10のケーススタディに当てはめた解説も最後に行います。それにより、発想法やリサーチ手法の名称は知っていても、実際、どのように使ったらよいかわからなかった方にも、やさしく理解していただけるセミナーとなっています。

このセミナーの3時間で、一般的に知られている発想法や分析手法を一気に身につけることができますので、是非、ご参加ください。

参加していただきたい対象者

  • 新規事業の担当になったが、何から手を付けたらよいかわからない方
  • 新規事業を担当しているが、なかなか上手く作業が進まないと感じている方
  • 何か新しいことを提案したいと考えており、その手法を知りたい方

プログラム

1.新規事業の立ち上げにおけるフレームワーク至上主義の問題点と利用時の留意点

2.新規事業案を考えるための発想法についての解説

  1. 会社のニーズを軸にした発想法
  2. 社会のニーズを軸にした発想法
  3. クライアントのニーズを軸にした発想法
  4. 組み合わせ発想法
  5. 需要供給バランス発想法
  6. ギャップ発想法
  7. オズボーン発想法
  8. ブレーンストーミング
  9. マインドマップ
  10. 6W2H
  11. 新技術の利用からの発想法

3.リサーチ結果の分析手法についての解説

  1. 3C分析
  2. STP分析
  3. PEST分析
  4. 5フォース分析
  5. SWOT分析

4.ケーススタディ 〜10件〜

10件の事例に当てはめて、発想法や分析手法の解説をします。

講座のタイトル・内容等は変更となる場合がございます。

 

講師紹介

冨田 賢

CVC JAPAN株式会社 代表取締役社長
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 教授 博士(政策・メディア)

プロフィール

慶應義塾大学大学院・後期博士課程修了、博士号(Ph.D.)取得。京都大学大学院経済学研究科修了。新規事業立ち上げ、アライアンス、M&A、IoT・AIに関する経営コンサルティング会社を東京・青山にて、10年以上経営し、200社以上の実績。東証1部上場企業のコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンドを複数、受託運用し、米国やシンガポール、豪州、日本等のベンチャーに投資。著書として、『新規事業立ち上げの教科書』、『IoT時代のアライアンス戦略』など。かつて独立系VCの立ち上げに参画し、自社系VCや投資先ベンチャー数社の株式上場(IPO)を達成した経験も有する。2017年4月~立教大学大学院ビジネスデザイン研究科(MBA)・教授に就任(ベンチャー金融論、テクノロジー&ストラテジー、ベンチャー企業論、ゼミ等を担当)。現在、カリフォルニア大学サンディエゴ校・客員研究員も兼務。2019年3月、社名変更し、新規事業立ち上げのためのCVC運営に注力している。

開催概要

講座名

逆転発想!よくわかる新規事業の立ち上げ方

講座回数

半日講座

日時

2020年1月29日(水)14:00~17:00(13:30開場予定)

会場

ステーションコンファレンス万世橋
千代田区神田須田町1-25 JR神田万世橋ビル4F

受講料

一般:32,600円(税込)
※「日経ビジネス(電子版+雑誌セット)」半年間購読付となります。複数名でセミナーに参加される場合は、2人目以降より割引価格28,600円(税込)にてお申込みいただけます。

日経ビジネス読者:25,600円(税込)
※日経ビジネス電子版 月額会員の方は、こちらの特別料金は適応されません。一般からのお申込みをお願い致します。

日経ビジネスプラチナ会員特価:16,600円(税込)

定員

100名 ●最少開催人員:40名
※参加申込人数が最少開催人数に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

主催

日経ビジネス

協力

新社会システム総合研究所
冨田賢(とみたさとし)

Satoshi Tomita, Ph.D.冨田 賢

CVC JAPAN株式会社 代表取締役社長
博士(政策・メディア)

プロフィール詳細