コーポレート・ベンチャーキャピタル・ジャパン株式会社

CONTACTCVC設立の
お打ち合わせはこちら
ACCESSオフィスへのアクセス
(外苑前・青山通り)
English

Japanese

CASES 02トーヨーカネツ・コーポレート
ベンチャー2号投資事業組合(TKCVII)

CVC JAPANは、東証1部上場企業のトーヨーカネツ株式会社(石油等の大型タンクや物流メーカー)から、2017年からCVCファンドを受託しており、投資運用が順調であるため、さらに、2018年に、2号ファンドを設立いたしました。これまでの活動をご評価いただいたものとして捉え、さらに活発に、新規事業立ち上げのためのCVC投資を行ってまいります。

2号ファンド(5億円)2018年10月〜
期間:7年間(最長2年延長可)

TKCV PARTNERSHIP

ファンドの投資委員会の
委員長及び主要投資担当者(キーマン)は、CVC JAPAN社長の冨田賢が担当。

当CVCファンドは、東証1部上場企業のトーヨーカネツ株式会社の第3の事業となる新規事業を立ち上げるための革新的な先端技術や収益モデルとして魅力ある事業アイディアを持つ国内外の有望なベンチャー企業等に投資を行い、投資先ベンチャー企業等と協業することで事業構築を実現するためのコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンドです。トーヨーカネツとCVC JAPANとの2社で設立されています。

TKCVⅡの投資ターゲット

  • 01

    既存の2事業から事業ドメインとして距離が離れた高収益ビジネス企業

  • 02

    日本での独占的な事業展開権を得られる技術やノウハウを有する海外企業

  • 03

    TKKグループ内では気がつかない・思いつかない面白いビジネスモデルの会社

  • 04

    ハイテク分野でなくともコラボレーションで共同事業を構築できる企業

  • 05

    投資対象エリアは、日本、サンディエゴを中心とした米国カリフォルニア、シンガポール、オーストラリア。当ファンドから投資エリアを拡大。

  • *トーヨーカネツ株式会社の新規事業立ち上げ活動では、M&Aにおいては、既存事業に近い領域を探しますが、CVC投資の2号ファンドでは、第3の事業の構築を目指し、あえて、既存の2事業に遠い事業ドメインで投資先を探します。

全体的な投資方針

01
生命・医療に関わるものには投資しない。*これは、トーヨーカネツ様の方針であり、CVC JAPANの方針ではありません。
02
世の中の役に立つ事業を行う。
03
フィナンシャルなリターンではなく新規事業のための投資とする。

トーヨーカネツ株式会社:IR情報 2018年9月25日
コーポレート・ベンチャーキャピタル2号ファンド設立のお知らせ