コーポレート・ベンチャーキャピタル・ジャパン株式会社

CONTACTCVC設立の
お打ち合わせはこちら
ACCESSオフィスへのアクセス
(外苑前・青山通り)
English

Japanese

CASES 01トーヨーカネツ・コーポレート
ベンチャー投資事業組合(TKCV)

CVC JAPANは、東証1部上場企業のトーヨーカネツ株式会社(石油等の大型タンクや物流システムのメーカー)から、CVCファンドの運用を受託しております。1号ファンドは、投資実行を完了し、コラボレーションによる新規事業立ち上げに取り組んでいます。

1号ファンド(5億円)2017年10月〜
期間:5年(最長2年延長可)

TKCV PARTNERSHIP

ファンドの投資委員会の
委員長及び主要投資担当者(キーマン)は、CVC JAPAN社長の冨田賢が担当。

主な投資先
*1社あたり、25百万円〜1億円超を投資

  • 01

    ロサンゼルスのAI(人工知能)のスタートアップ企業

  • 02

    サンディエゴのコンピューター・ビジョンの無人店舗システムのスタートアップ企業

  • 03

    サンディエゴのBtoBのマッチングサイト運営のスタートアップ企業

  • 04

    日本の大手企業からのスピンオフのIoTデバイスのスタートアップ企業

  • *守秘義務により、これ以上の情報は開示できません。

STAGE
投資ステージ
投資ステージは、シリーズAの前のConvertible Noteの段階か、シリーズAの段階など、早い段階での投資を行い、主として、リード・インベスターのポジションを得ています。
TARGET
投資ターゲット
投資ターゲットは、AIやIoT、ロボティックスなどのテクノロジー系を中心としています。現状、ライフサイエンス、バイオテックは、投資対象としていません。
FOLLOE-UP
フォローアップ体制
フォローアップ体制としては、毎月、定例でミーティングを行う他、米国企業には、ボード(取締役会)のオブザーバーのポジションを得て、投資先企業の状況をグリップし、そして、ファンドの出資者の企業との連携による新規事業立ち上げを推進しています。

1号ファンドが順調に投資実行が進んだため、1号ファンドの設立からちょうど1年となる2018年10月に、トーヨーカネツ・コーポレートベンチャー2号投資事業組合を同じく5億円で設立し、受託運用を開始しました。引き続き、サンディエゴでの投資案件発掘に力を入れるとともに、シンガポールへの投資エリアの拡大、そして、投資ターゲットとしても、AIやIoTだけでなく、収益性の高いビジネスモデル系案件の発掘へ対象を拡大して活動しています。オーストラリアなどもニッチ戦略として、案件発掘をしていきます。トーヨーカネツ・コーポレートベンチャー2号投資事業組合(TKCVII)

当ファンドのサイトはこちら > 
当ファンドのパンフレットはこちら tkcv2