HOME /経営コンサルティング /経営コンサル ブログ /「博士」生かせぬ日本企業 取得者10年で16%減、日経新聞から…

「博士」生かせぬ日本企業 取得者10年で16%減、日経新聞から…

私は、2016年9月に、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 後期博士課程を
修了して、博士号(Ph.D.)を取得しました。

ただ、2019/12/8の日経新聞・朝刊1面トップによると、
米国、中国など主要国では、博士の取得者が増えているのに対し、
日本だけ、16%も、この10年で、減っているとのことです。

私は、グローバル・スタンダードとして、博士を持っていることは、
意味があると思っていますが、日本企業では、なかなか、博士を
持っていることが生かされないという状況があるようですね。

私は、投資活動で、米国やシンガポール、オーストラリアなど海外によく行くため、
博士号を取っておいて、良かったと思っています。

冨田 賢

Satoshi Tomita, Ph.D.

CVC JAPAN株式会社 
代表取締役社長

プロフィールを見る