HOME /経営コンサルティング /経営コンサル ブログ /飲食店のCO2のIoTシステム:IoTの参考に…

飲食店のCO2のIoTシステム:IoTの参考に…

CO2の濃度センサーを用いて、
自動的に、飲食店が適切に換気できる
IoTシステムの記事が、日経新聞の夕刊に
載っていました。

一つの典型的なIoTの事例です。

利用料は、月額3000~4000円とのこと。

こういった記事を読む時は、その価格を把握する
ようにすると、自分たちのIoTのサービスを
立ち上げる際の参考になります。

▼日経の有料会員向けの記事URL

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ2286Y0S0A221C2000000/

新型コロナ:東芝、飲食店の自動換気サービス … – 日本経済新聞
2021/02/22 — 東芝は二酸化炭素(CO2)濃度センサーなどを使って、
飲食店が適切に換気できるようにするサービスを2月中にも始める。
店舗内のCO2濃度データ …

冨田 賢

Satoshi Tomita, Ph.D.

CVC JAPAN株式会社 
代表取締役社長

プロフィールを見る